腹部膨張感(お腹の張り)への12の対処法

健康

 ブログランキング・にほんブログ村へ





お腹が張って苦しい思いをしたことはありませんでしょうか。ここでは毎日の生活に支障をきたすお腹の膨張感への12の簡単で自然に行える対処法を紹介します。

わずらわしいお腹の張りは自身のケアと特定の食品を避けることで抑えることができます。ただし、お腹の張りはお腹につく余分な脂肪とは別だということを理解しておいてください。

スポンサーリンク

こまめに水分補給をする

体に水分が足りない状態の時に水分をとると、液体の状態で体内に保持されるために膨張感が起こります。水分不足にならないように日中はこまめに水分を補給するようにしましょう。全米医学アカデミーによると、女性は約2.6リットル、男性は約3.5リットルの水を1日に飲むことが推奨されています。

スポンサーリンク

ペパーミントティーを飲む

ペパーミントティーは炎症をおさえ、消化を助けます。食後に飲むと、消化を促進し、お腹の張りが抑えられるでしょう。また、ペパーミントティーには鎮痛効果や心を落ち着かせる効果もあると言われています。

スポンサーリンク

朝起きてすぐにレモンを入れた水を飲む

膨張感を抑える簡単な方法は、朝起きたときにレモンを入れたグラス1杯の常温水を飲むことです。朝起きたときは何時間も水分補給が出来ていないので水分が不足している状態ですので、このグラス1杯の水は体への水分補給と消化を良くします。

スポンサーリンク

食物過敏症、アレルギー、栄養不足に気をつける

普段からお腹の張りに悩まされていて原因が分からない場合は、食物過敏症、アレルギー、栄養不足について一度検査したほうが良いでしょう。特定の食品を食べないようにしたり、栄養価の高い食品を食べることで膨張感が起こらなくなる場合もあります。

スポンサーリンク

プロバイオティクスのサプリメントや発酵食品を食べる

腸内フローラのバランスが崩れてお腹が張ることもあります。バランスをうまく保てるよう発酵食品を定期的に食べるかプロバイオティクスをサプリメントで摂るようにしましょう。発酵食品を食べる方がサプリメントでプロバイオティクスを摂るよりも良いですが、自身の健康状態によってどちらを選ぶか決めると良いです。抗生物質は腸内フローラのバランスを崩しますので、抗生物質を摂った後は発酵食品を食べるかプロバイオティクスを摂ることが重要です。植物性発酵食品でおススメするのはザワークラウト、コンブチャ、ケフィア、味噌です。

スポンサーリンク

ダイエット食品を食べないようにする

砂糖不使用の炭酸飲料やお菓子などは体にガスがたまったような、またお腹に張りを感じさせてますので、できるだけ食べない方が良いです。砂糖不使用食品に含まれている甘味料のソルビトールは体が消化できず、胃の酵素が過剰反応してお腹が張ることになります。ですから、食品にソルビトールが入っていないか表示を常にチェックし、フルーツ、ミント、野菜などを絞り入れた冷たい水を代わりに飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

塩分を控える

塩分摂取量が多いと体内に水分がたまってしまいます。塩分の多いソースやドレッシングを使う量を減らしましょう。また、塩分の多い外食を避け、できるだけ家で料理するようにする方が良いです。食料品を買うときには表示を確認して1食当たりの塩分量を把握し、可能であれば海塩(シーソルト)を使うようにすると更に良いでしょう。

スポンサーリンク

便秘にならないようにする

繊維の摂取量が少ない食事、運動不足、水分補給不足などは便秘の原因となります。フルーツ、野菜、全粒穀物、豆類、ナッツ類、シード(種)類を食べて繊維を摂り、1日にコップ8杯以上の水を飲んで繊維を消化するようにしましょう。また、有酸素運動は呼吸量や心拍数を高めて腸筋の自然収縮量を増やし、それによって便秘になりにくくなります。

スポンサーリンク

よく動く

食後にはソファにドスンと座り込むのではなく、10分以上のウォーキングを行うと、気泡が消化器官を抜けて膨張感が薄れます。定期的に動くことで便秘も膨張感も無くなっていきます。最低週に3回、30分以上の運動を行うのが良いでしょう。

スポンサーリンク

リラックスする

体はストレスや不安を感じた時にコルチゾールやアドレナリンを分泌し、これらのホルモンはガスや膨張感の引き金となります。ストレスをためないために瞑想や深呼吸などを日々の生活に取り入れるのが良いでしょう。毎日数分でも深呼吸することから徐々に始めて集中力を高めるようにしたり、ヨガ教室に通うのも良いです。

スポンサーリンク

ゆっくり、よく噛んで食べる

急いで食べたり、よく嚙まずに食べると消化器官に空気がたまります。体は食べ物を消化するのに20分かかると言われています。食べ物を噛んでいる間は箸やフォークを置くことで、食べるスピードが落ち、よく噛んで食べることができるでしょう。

スポンサーリンク

1回の食べる量を少なくし、食べる回数を増やす

3食を多い量食べるよりも少ない量を1日に何度も食べる方がより消化しやすくなります。1日に5~6食が理想です。より元気が出ますし、代謝や血糖値のバランスもより良くなるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました