骨無し、うろこ無し、目玉無しの細胞から作られたシーフードへの食欲が高まる

アメリカ食品情報
写真はイメージです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ





細胞から作られたシーフード商品は果たして経済的に意味があるのか。シーフードを人工的に作る取組みはますます加速する一方で、実は実際の商品化がもうすぐなのは、まだ創業して間もない企業1社しかありません。世界的に人口増加の高まりを受けてタンパク質の需要も高まっていますが、専門家によると、細胞から作られたシーフードは将来の魚介類の乱獲への対策になり、また、消費者が環境汚染によって魚に含まれるマイクロプラスチックや汚染物質を体内に取り入れる心配が無くなると話しています。現在世界中で消費されるシーフードの約半分は養殖で、残りの半分は天然のものです。

タイトルとURLをコピーしました