Beyond Meat社がエンドウ豆でプロテイン革命の口火を切った

アメリカ食品情報

 ブログランキング・にほんブログ村へ





食品加工業者の中で、イエロー・ピー(Yellow Pea:黄エンドウ豆)由来のタンパク質が最も注目されている代替肉の原料として使われていると話題になっています。大豆もよく使われますが、遺伝子組み換えされたものが多く、一部の人にはアレルギーの問題もあることから徐々に消費者から受け入れられにくくなっています。一方で、イエロー・ピーの後味の悪さを塩分レベルを上げ過ぎないようにどう加工するのか気を付けなければなりません。Field RoastやLightlifeなどのブランドはガーリック、レモン・ライム、塩を加えることで味を調整しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました