培養肉が主流になるかもしれない

アメリカ食品情報

 ブログランキング・にほんブログ村へ





すぐには培養肉が小売店の棚に並んで販売されることはないかもしれないですが、設立してまだ間もないイスラエルのFuture Meat Technologies社はアメリカ規制当局と2022年末までにレストランでの培養肉提供開始に向けて進めています。同社は世界発の商業培養肉工場を開設し、そこでは1日に1,000ポンドを超える量の製造が可能となる予定とのこと。また施設の増設にはアメリカ国内の複数の地域を見据えています。培養肉市場は現在では75を超える企業が牛肉や鶏肉のようなタンパク質を製造していて、2030年までには世界的に250億ドルの市場規模に達すると予測されています。

タイトルとURLをコピーしました