世界で初めての人工的に作られた寿司の提供がサンフランシスコでもうすぐ始まる

アメリカ食品情報
※写真はイメージです

 ブログランキング・にほんブログ村へ





設立して間もない水産養殖企業のWildtypeは、寿司に使用するサーモンを研究室で少量の魚の細胞から育て、2021年秋にも寿司屋をオープンしてそこでの提供を計画しています。Wildtypeによると、「世界的な水産食品に対する需要が供給量を上回っているので、なんとかしなければならない。細胞培養によって魚の切り身ができるということを我々のテスト施設が証明する。また、この施設は、技術革新のサイクルを短くしたり、食品生産の拡大・縮小を簡単にするだけでなく、一般の方々がこの素晴らしい新技術について知ることができる場所となる」とWildtypeは話しています。

タイトルとURLをコピーしました