セルライトを自然になくす、または減らす16の方法

健康

 ブログランキング・にほんブログ村へ





セルライトを自然になくすにはどうしたらよいでしょうか。セルライトを減らすために役立つ簡単な方法を紹介します。

スポンサーリンク

セルライトに対処する理由

多くの方が体に線状皮膚萎縮(妊娠・成長・肥満などで急に伸ばされた皮膚に生じることがある筋)やセルライトができるだけでなく、顔にニキビやシミができるといったような皮膚トラブルを抱えています。

セルライトを取り除くために脂肪吸引を受ける方もいますが、この治療は強制的で回復にも時間がかかります。セルライトは見るに堪えないものですが、自然になくすことも可能です。

スポンサーリンク

セルライトとは

セルライトの話は誰もがしたくない、または考えたくもないでしょう。かといって存在しないかのように放っておいてもなくなりません。

太もも、お尻、お腹にカッテージチーズやえくぼのように表れるセルライトは、結合組織を圧迫し、皮膚を変形させる単なる余分な脂肪です。

セルライトは女性に非常に多くみられますが、男性にも表れます。

スポンサーリンク

セルライトになる原因

セルライトは遺伝、食生活、生活スタイル、年齢、ホルモンなどによって生じますが、実は大きな原因の1つは毒素です。毒素は現代社会のいたるところに存在しています。

私たちは毒素を呼吸の際に吸い込み、食品から取り入れ、物を扱うときに触れるなど、家の中にも毒素はいっぱいです。ストレスがたまると私たち自身でも毒素を生み出すのです。

体は少量の毒素なら非常にうまく排出してくれますが、毒素があまりにも多いと対処できなくなります。

腎臓や肝臓は毒素で溢れると対処できず、損傷しないために脂肪細胞に押し込み始めます。脂肪はそれらの毒素を小さな牢屋に閉じ込めるように貯めるのです。

これによって、体は必要以上の脂肪を貯めることになり、毒素を受け入れた細胞はうまく機能しなくなります。これがセルライトになる大きな原因です。

スポンサーリンク

セルライトを自然になくす方法

良い食事をとる

これは多くの健康問題に対する解決策で、もちろんセルライトに対しても良い対策です。現代のジャンクフードと呼ばれる栄養価のバランスを著しく欠いた調理済み食品にはセルライトの原因となる毒素がいっぱいです。

精糖や塩分多め、過度に加工された食品は避けましょう。新鮮なオーガニックのフルーツや野菜を食べれば農薬や化学薬品を摂る心配も無く、体が必要な栄養素を摂ることができます。

こまめに水分を補給する

不純物の無いキレイな水は毒素を流し出し、皮膚や細胞の水分レベルを維持して健康に保つのに役立ちます。

肌の細胞をしなやかで毒素の無い状態を保つには、毎日少なくともグラス8杯の水を飲む必要があります。

朝一番に水を飲むと代謝が上がり、毒素を流し出しやすくなります。レモン水ならビタミンやミネラルも摂れるので更に良いでしょう。

天然塩を摂る

加工された塩から天然のシーソルト(海塩)やヒマラヤシーソルトに代えましょう。天然塩には水分補給や代謝を助けるミネラルが含まれています。

ヒマラヤシーソルトは自然なピンク色をしていて、塩化ナトリウムが98%、微量ミネラル成分(トレースミネラル)が2%含まれていて、最もきれいな塩と言われています。

食卓塩はセルライトや皮膚のくぼみを無くすのに役立つミネラルは含まれていません。それどころか、体の体液保持を促進して心血管疾患、糖尿病、痛風になるリスクを高めます。

運動する

運動は体重を減らすのに役立つだけではなく、皮膚を健康でうるおいを保つのにも役立ちます。

定期的な運動は筋肉をつくって引き締め、脂肪を燃焼し、汗から毒素を流し出すのを助け、血行を良くしてくれます。また、セルライトの見た目には筋肉の衰えも関りがあります。結合細胞、脂肪、皮膚の状態がよりはっきりと表れるため、運動をすることでセルライト自体を減らし、セルライトのある皮膚の見え方を改善することができます。

毎日ウォーキングするだけでも良いですし、ヨガを行うと更に良いです。

体重を減らす

これは言うのは簡単だと思われますが、実際にセルライトの改善・軽減には最も良い方法の1つです。脂肪が蓄積を減らすということはセルライト改善に間違いなく役立ちます。

ただし食事制限は良くありません。良い食事をとること、また運動を組み合わせることが良い結果につながります。

ストレスを減らす

ストレスは毒素を生み出します。良いホルモンや神経伝達物質を燃焼し、それによってフリーラジカルが発生して代謝を低下させるのです。

慢性的なストレスは健康の天敵で、脂肪の蓄積、老化の早まり、その他の様々な問題の原因となります。

瞑想、呼吸法、ヨガ、太極拳の実践、または何かリラックスできるような趣味に興じましょう。ストレスは現代社会において最も大変な問題の1つで、なんとかうまく解消しなければなりません。

生活スタイルを変える

生活の中で健康を害するものがあれば、それを助長するよう環境を改善する、または抜け出すように努力しましょう。喫煙、大きなストレス、毒素、後ろ向きな考え、食べすぎなどは全て毒素が溜まったり、セルライトができる要因ですが、おそらく、それよりも他の病気や健康リスクにもつながります。

生活スタイルを変えることは簡単なものもあれば、非常に難しいものもあります。

仕事で1日中座りっぱなしであれば、よく動くように心がけ、1日中立ちっぱなしであれば、たまに休憩して座るなどしましょう。

炎症を抑える

体から慢性的な炎症を無くすことで、セルライトも無くしましょう。

慢性的な炎症は多くの健康問題の原因となっています。体の機能を低下させ、細胞を傷つけ、セルライトの原因となる毒素が作り出されるのをも助けます。

ココナッツオイル、ショウガ、ターメリックは自然の抗炎症剤として最も良いとされています。これらや他の抗炎症効果のあるものとあわせて炎症を抑えるようにしましょう。

マッサージを行う

マッサージや乾布摩擦はどちらも皮膚から血行を刺激・促進します。毎日、気になる箇所をマッサージまたは摩擦することで、毒素、余分な脂肪、余分な水分が取り除かれ、くぼみのない皮膚になることにつながります。

コーヒーでこする

コーヒーの体内への健康効果は頻繁に議論されていますが、体外への使用には大変効果があります。コーヒーの粉やカフェインは血液とリンパ液の両方の流れを良くして、毒素を流し出し、細胞を再生します。

コーヒー豆を挽いた粉をシャワー室に持ち込み、温水で体に塗ってこすりましょう。その後、2~3分経ったら洗い流します。

レモンとカイエン(唐辛子)を摂る

レモンジュースとカイエン(唐辛子)はデトックス、アルカリ化、代謝向上、血流促進に非常に良い組み合わせです。

水に両方を少しずつ加えて1日に3回飲むようにしましょう。

数日後には違いを実感し始め、数週間後には皮膚の見た目も変わってくるはずです。

ジュニパーオイル(杜松油)とオリーブオイルを使う

ジュニパーオイル(杜松油)は皮膚に浸透し、結合組織を強くしてくれます。多くの人がこれらのオイルで良い効果を実感しているのです。

自然にセルライトを減らすやり方は以下のように簡単です。

  • 10~15滴のジュニパーオイルを1/4カップのオリーブオイルと混ぜます。
  • 気になる箇所にマッサージをしながら刷り込みます。
  • フェンネル油(ウイキョウ果実油)にもとても良い効果があるとされています。

ココナッツオイルを使う・摂る

ココナッツオイルも自然にセルライトを取り除くのにとても効果があります。ココナッツオイルには炎症抑制、水分補給、デトックス補助、代謝向上効果が期待できるのです。

手やブラシでマッサージしながら刷り込みましょう。料理に使って体内に摂り入れても良いです。

1日に小さじ数杯だけでエネルギーレベルが上がり、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。体は毒素を取り除いたり、必要な細胞やホルモンを作ったりするのに脂肪が必要ですが、ココナッツオイル、オリーブオイル、アボカドなどの良い脂肪を摂取することも重要なのです。

リンゴ酢を使う・摂る

お風呂に少量を加え、漬かってセルライトを取り除きましょう。体から毒素を取り除き、治癒を促進するだけでなく、多くの有害な菌をも排除するのを助けます。

リンゴ酢は他にも多くの健康効果が期待できます。

皮膚に良いだけではなく、摂ると消化機能も良くなるとされています。

シーソルト(海塩)または硫酸マグネシウム(エプソム塩)を使う

皮膚をしなやかにし、状態を整えるだけではなく、毒素も流し出す効果が期待できます。

お風呂にこれらを加え、漬かってセルライトを取り除きましょう。

ベントナイト

この粘土は毛穴の油汚れや毒素を取り除くためにフェイスパックによく使用されていますが、セルライトの場所にも同じように使用できるのです。

ベントナイトを使ってセルライトを自然に取り除くには以下のやり方をおススメします:

  • ベントナイトに少量のリンゴ酢を混ぜてペーストを作ります。
  • セルライトのある場所に塗ります。
  • 固くなったと感じるまでしばらく乾かします。
  • お風呂に漬かってセルライトパックを取り除きます。

セルライトを自然に取り除くには多くの方法があります。どの方法が自分に合うか、まずは1つか2つ実践してみてください。

皮膚を健康にするには、体の健康改善も意識することも重要です。フルーツや野菜をたくさん食べて必要な栄養素を摂るようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました