普段の食事に脂肪が無くてはならない重要な栄養素である理由

健康

 ブログランキング・にほんブログ村へ





脂肪を減らそうとしている人は多いと思いますが、脂肪の中でも健康には欠かせない脂肪があるのです。ここではなぜ脂肪が普段の食事に無くてはならない栄養素なのかを説明します。

誰もが太りたくないと思っていますが、実は脂肪は健康のためだけではなく、脂肪の過剰摂取を防ぐためにも必要なのです。脂肪を摂ると太ってしまうと考えて脂肪恐怖症になっている人は多いですが、良い脂肪を摂ればその心配はありません。人工的な加工されてできた脂肪ではなく自然由来の脂肪を摂ると驚くようなメリットが期待できます。

体内の全ての細胞にあり、また必要とされる要素は数少ないですが、飽和脂肪酸はその1つです。つまり全ての細胞がうまく機能するために飽和脂肪酸がいるのです。もし無ければ、細胞は機能不全から健康を害し、やがて死んでしまいます。全ての細胞が必要にしているということが健康にとって欠かせない要素であることの証明ですので、飽和脂肪酸は体を快適に機能させるのに役立ち、恐れたり避けたりするものではないことが分かると思います。

自然由来の良い脂肪は例えば:

  • 牧草のみをエサとして飼育した牛のミルクから作ったバター
  • ココナッツオイル
  • オリーブオイル
  • アボカド
  • 生のナッツ、シード(種)
  • 全脂肪乳製品

体内の全ての細胞が必要としていますので、自然由来の脂肪を毎日十分に摂ることが重要です。

それでは、普段の食事に脂肪が無くてはならない重要な栄養素である理由を1つ1つ見ていきましょう。

スポンサーリンク

血糖値を安定化させるのに役立つ

血糖異常は健康にとって多くの問題を引き起こしますので、血糖値のバランスを適切に保つことは健康や体が正常に機能することにつながります。食事に脂肪が含まれていると糖の血液への吸収を遅らせ、血糖値のバランスをうまく保つのに役立つのです。その結果、体内ストレスを軽減し、お腹まわりなどに余分な脂肪は蓄積されず、エネルギーレベルを安定させ、ホルモンバランスも良くなるでしょう。

スポンサーリンク

エネルギーを生み出す

脂肪は豊かなエネルギー源で日々の生活の中で活動していくための燃料となります。これが無ければ体は長く機能しません。

スポンサーリンク

体の組織を作る

脂肪は体内で組織を作ります。細胞を形成し、関節の衝撃を和らげ、体を守るのに役立ちます。さらにホルモンの生成にも欠かせないのです。また、脂肪は脳や目をつくる重要な要素の1つでもあります。

スポンサーリンク

炎症をおさえる

良い脂肪は体の慢性的な炎症を治すのに役立ちます。慢性的な炎症が長く続くと多くの重大な健康問題が起こりますので、炎症への対処は健康を保つためには欠かせません。

スポンサーリンク

満腹感を与える

脂肪は食べたときに満足感と満腹感を与えてくれます。消化作用のスピードを遅くして長い間満腹感が続くため、それが食べすぎの予防にもなります。さらに食事に脂肪が含まれていることでより美味しく感じるのです。

スポンサーリンク

栄養不足を予防する

栄養素には脂肪に溶けるものがあります。つまり体にはそれらの栄養素を消化・吸収できる脂肪が必要なのです。例えば、ビタミンA、D、E、Kは脂肪に溶けるビタミンですが、もし必要な脂肪酸が不足した場合、これらの栄養素は体から排出されてしまって、不足することになるのです。

脂肪は体がうまく機能するのに必要不可欠です。良い脂肪を十分に摂ることで栄養素をうまく消化・吸収し、ホルモンバランスを整え、満腹感を感じながら代謝も高まることになります。目的が体重減少、健康改善、エネルギーアップのどれであったとしても、良い脂肪を摂ることが達成の鍵となるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました