リラックスして運動を行う方法

健康

 ブログランキング・にほんブログ村へ





運動は激しく行わなければならないということはありません。楽しく、またはリラックスして行っても良いのです。

集中しろ!汗をかけ!カロリーを燃焼しろ!など運動というと、多くの人にとってこういう言葉が浮かぶイメージがあります。励みとなり、やる気を起こさせ、または愛のムチとして感じ取って運動を行う人もいれば、激しそう、苦しそう、大変そうだと感じて逆に運動することを敬遠する人もいます。

確かに運動は集中して献身的に行うことが重要なのですが、ある程度は緊張がほぐれた状態で運動を楽しみ、カロリーを消費することも可能です。その方法をいくつか紹介しましょう。

仲間と行う

仲の良い友達と一緒に運動するほど良いことはありません。友達とハイキングをしたり、ビーチサイドをサイクリングした後にお茶をしたり、ジムのエアロバイクを並んで行ったりしながら、お互いの近況などについて話すのも良いでしょう。激しい運動を行う場合でも友達と行うことで楽なものに感じることもあります。

本を読みながら、または聞きながら行う

好きな本を読んだり、雑誌を見てトレンドを追いながら運動するのも良いです。複数の作業を同時にこなすマルチタスクの要領です。ジムのエアロバイクで40~45分の運動を行いながら好きな本を読んだり、もし本が読みにくい場合は、オーディオプレーヤーにセミナーやレッスン、オーディオブックを入れて聞きながら行うのが良いでしょう。

食べながら行う

食べながらと言っても運動しながらメインの食事を行うということではありません。プロテイン飲料やカフェラテなどの好きなコーヒー飲料、ナッツなどのミックス菓子、プロテインバーなどでも良いです。運動が終わるのを待たずとも、運動しながら合間に食べたり飲んだりするのは問題ありません。ウォーキングやジョギング、ウェイトリフティングなどの筋力トレーニングでも、ちょっとつまんで、エネルギーの補給や気分を向上させましょう。

基本的に休みたいときには休むことです。活発に動くことは生活の中で非常に重要なことですが、それを楽しむことはもっと重要です。

タイトルとURLをコピーしました