魚ロボットが水産食品をより持続可能にする

アメリカ食品情報

 ブログランキング・にほんブログ村へ





Aquaaiは、水中を自動で泳いで養殖場などの状況を簡単に監視することができる魚を生体模倣したロボットを製造しています。魚ロボットは小さく、対象物に泳ぎながら近くまで接近することができ、多くのデータや画像などを集めることができます。このAquaaiのロボット監視システムは他に応用が可能で、海に流れるプラスチックを分解される前に回収ができたり、農業汚染水の出元を調べたり、洪水や暴風雨などが過ぎた後の水路を確認するのにも役立つのです。現在、世界の水産商品の半分以上が養殖品です。

タイトルとURLをコピーしました