特定の時間を過ぎて寝るのは代謝健康に悪影響を及ぼす

アメリカ食品情報

 ブログランキング・にほんブログ村へ





新しい研究によると、睡眠障害(何度も目が覚める)は血糖値を安定化させる体の機能を阻害し、また、夜遅くに就寝するのも代謝に悪いことが示されています。睡眠時間の長さでは特に代謝に違いが出るわけではありませんので、夜中の1時に寝て正午に起きたとしても体は起きてから食べた食事を1日の最初の食事として代謝します。

タイトルとURLをコピーしました