自然と眠りにつけるようになるには

健康

 ブログランキング・にほんブログ村へ





誰もが赤ん坊のようにぐっすりと眠りたい思うはずです。ここでは自然と眠りにつけるようになるための方法を紹介します。

スポンサーリンク

睡眠を促す食品を食べる

食品の中には眠りやすくしてくれるものがあります。アーモンド、ダークチョコレート、バナナ、ひよこ豆、玄米などは全てγ(ガンマ)-アミノ酪酸(GABA)が豊富に含まれていて、神経組織をリラックスさせるのを助けます。食品中の炭水化物とタンパク質でトリプトファンやメラトニンが作られますが、チェリーにはメラトニンが含まれていて、更に多くのメラトニンを摂ることができます。

スポンサーリンク

EMF(電磁場)を避ける

車、携帯電話、電源、WiFiルーター、その他電化製品から発生するEMF(電磁場)は神経組織を阻害し、睡眠に影響を与えます。眠りにつく1時間前にはコンピューター、携帯電話、その他電化製品を使用しないようにしましょう。影響のありそうなものはプラグを抜いて、ひと時の間、電磁場のストレスから解放された時間を作ることが大切です。

スポンサーリンク

メラトニンを十分に摂る

メラトニンは松果体から分泌され、光によって影響を受けます。日中に多くの自然光を浴びて、夜には寝室で遮光カーテンで光を遮断しましょう。真っ暗闇のなかで眠ると、特に日中に青空を見て日光を浴びていれば、脳はこの夢を見させてくれるホルモンをより多く作り出しますので、睡眠による細胞の再生化を最大限に行うことができます。

スポンサーリンク

マグネシウムを摂る

このミネラルは体内の何千もの場所で使われています。ストレスを減らし、神経組織を和らげ、質の高い睡眠を促進するのに役立ちます。また、マグネシウムは筋肉、骨、心臓にもとても良いのです。

スポンサーリンク

オーガニックのマットレスを使う

化学薬品加工品や防炎剤、殺虫剤処理されたコットンなどから出るガスを吸うことなく、より良い眠りにつくことができます。これらの化学物質はホルモンや内分泌組織を阻害するのです。

スポンサーリンク

オーガニックのエッセンシャルオイルを使う

植物由来のオイルは心と体を落ち着かせる効果が期待できます。こめかみや手首、足に塗りこすったり、浄水器を通した水と合わせてスプレーボトルに入れて枕やマットレス(布団)、または自分自身に吹きかけるのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました