自然にカンジダ症にならず、腸を健康にする効果的な方法

健康

 ブログランキング・にほんブログ村へ





カンジダ症とは何か、何が原因で起こるのか、ならないようにするにはどうすればいいのでしょうか。腸を健康するのに役立つ情報を紹介します。

カンジダ菌、またはカンジダ・アルビカンスは真菌で、酵母の姿をしています。少量では、一定の数のカンジダ菌は消化や栄養素の吸収を助けるので良いのですが、過剰に増えて異常繁殖状態になると問題になります:酵母感染症(カンジダ症)。カンジダ菌は異常繁殖すると腸壁を傷つけ、本来は存在することのない血液の中に入っていきます。これによって腸もれなどの深刻な問題を引き起こし、消化障害、食品アレルギー、肌荒れ、また、うつ病などの精神疾患などの健康被害をもたらすことになるのです。

スポンサーリンク

カンジダ症の原因

腸内フローラ、体のpH値、体内のその他の組織が正常であれば、カンジダ菌のバランスは保たれていますが、そうでない場合、カンジダ菌は簡単に異常繁殖してしまいます。異常をきたす原因となるのは以下の場合などです。

  • 精製炭水化物・加糖食品や繊維の少ない食品を多く食べる
  • アルコールを飲む
  • 経口避妊薬を飲む
  • 善玉菌が足りない
  • 慢性的な高いストレスを抱える
  • 抗生物質を摂取する
  • 塩素水を飲む
  • 吸入器を使う
  • 癌の治療を受ける

基本的には栄養摂取や生活スタイルが不健康でバランスが良くなければないほど、カンジダ症になる可能性は高くなります。

スポンサーリンク

カンジダ症の兆候と症状

  • 糖分や炭水化物を摂りたくなる
  • 疲労感や強い倦怠感
  • お腹の張りや便秘などの消化障害
  • ホルモンバランスが崩れる
  • 自己免疫異常
  • 乾癬(かんせん)や湿疹などの皮膚の異常
  • 集中力、記憶力など認知機能の低下
  • 情緒不安定、うつ、イライラ、不安などの気分障害
  • 尿路感染症やその他お酵母感染症
  • アレルギー症状の悪化
スポンサーリンク

カンジダ症にならないための効果的な対策

カンジダ菌が異常繁殖しないようにするためには、まず、異常繁殖を引き起こすような行動を止めます。そのために重要なのは炭水化物や糖質の摂取量を極力おさえた食事をとることです。また炭水化物は野菜、豆類、全粒穀物から摂るようにしましょう。糖質(体内で分解されて糖質に変わる炭水化物も含みます)はカンジダ菌にとっは良い餌となりますが、それが無ければ餓死するのです。カンジダ菌を増やさないためにはアルコール、炭酸飲料、ジュースなども避けることが重要です。

カンジダ菌を餓死させようと食べる食品を選ぶ際には、砂糖不使用であっても過度に加工された食品は良い選択肢ではありません。一般的に体に悪いだけではなく、腸内の善玉菌や免疫組織に悪影響を及ぼし、炎症を悪化させることになります。カンジダ菌を減らすのに砂糖不使用食品が従来の砂糖使用食品より良いとは限らないのです。

約3ヶ月をかけて食事から炭水化物や糖質の摂取量を減らしたら、今度は腸の状態を改善します。改善に最適な食品は以下の通りです。

  • 濃い色の葉物野菜
  • 新鮮な野菜
  • ココナッツオイル
  • 全粒穀物(浸水したものや発芽したものが理想)
  • 糖で甘くしていないコンブチャ
  • ザワークラウト、キムチ、漬物などの発酵食品
  • ニンニク

これらの食品は炎症を改善し、免疫力を高め、そして腸内の善玉菌を増やします。

カンジダ菌はストレスにも影響されますので、瞑想、ヨガなどの精神を整える方策もカンジダ症対策の食事と合わせて実践することが重要です。

カンジダ症にならないための基本はより良い生活習慣を身につけ、それを継続することです。すぐにではなく、少しずつ根気強く、改善を感じながら続けていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました