【トレンド】アメリカで流行りの乳製品、代替ミルク商品(2021年)

アメリカ食品情報

 ブログランキング・にほんブログ村へ





植物性ミルクは近年成長している植物性食品のなかでも一番大きなカテゴリーです。一方で従来の本物のミルク(牛乳)商品も、動物に配慮したり、草のみで育てられた牛のミルクなど倫理意識の高いブランドの商品もまた需要が伸びています。

2019年のDairy Management社の調査によると、48%のアメリカ人が植物性ミルクと牛乳の両方を購入したとされています。それらの商品のブランドは植物性ミルクか牛乳かに関わらず、いずれもサプライチェーンが明らかにされていたり、機能的な原材料が商品に使用されていたり、環境や倫理意識が高いという点が共通しているのです。

現在、アメリカで流行りの乳製品、代替ミルク商品を紹介します。

スポンサーリンク

穀物ベースの植物性ミルク

アーモンドミルクは依然として人気ですが、持続可能性や栄養素などにフォーカスして商品展開するブランドのオーツミルクが市場シェアを伸ばしています。他にもヘンプ(麻)、フラックス(亜麻)、最近では大麦も注目を集めています。

商品例:

スポンサーリンク

オーツミルクを使用した商品

オーツミルクはミルクとしてだけではなく様々な他の植物性ミルク製品に使用されています。厳選された原材料が使用され、持続可能性を強調した商品が注目されています。

商品例:

スポンサーリンク

機能性栄養素が豊富な植物性ミルク

タンパク質、アダプトゲン、コリン、DHA、ビタミンD、MCTオイルや他にも免疫力を高める原材料が加えられた植物性ミルクが、飲むだけで多くの効果が期待できると消費者の心をつかんでいます。

商品例:

スポンサーリンク

栄養素と持続可能性のバランスがとれた牛乳

本物のミルク(牛乳)においても革新的な商品が登場しています。A2ミルク、自然の草を食べて育った放牧牛のミルク、無糖ミルクなど、持続可能性、透明性、ブランドの使命、これらが消費者へ明確に伝わる商品が人気を集めています。

商品例:

タイトルとURLをコピーしました