加工度が高い食品は過敏性腸症候群(IBS)になる危険性を高める可能性がある

アメリカ食品情報

 ブログランキング・にほんブログ村へ





加工度の高い食品を食べると過敏性腸症候群(IBS)になる危険性が高くなるという仮説が国際研究者チームの観察調査によって裏付けられました。ソフトドリンク、加糖加工食品、塩味のスナック菓子、加工肉などを含む加工度の高い食品をグループ分けして行われた調査では、それぞれが過敏性腸症候群になる危険性がより高いことが示されています。

タイトルとURLをコピーしました