過度に加工された食品は心の健康に関わっていると注目

アメリカ食品情報

 ブログランキング・にほんブログ村へ





最近報告された研究によると、過度に精製・加工された食品は、平均で2~10年をかけて将来うつ病になるリスクが22%あると示されました。西洋社会においては、1日のカロリー摂取量の約半分はこれらの食品からと言われていて、栄養素がほとんど含まれていないことを考えると、肥満が進行し、心の健康を害するのも納得がいきます。過度に加工された食品と心の病気が関係していることは、逆に加工が少ない昔からある食事をとることがうつ病などになるリスクを減らすことになると言えます。

タイトルとURLをコピーしました